コラム Column

悠々読書記

乱歩っぽい<江戸川乱歩傑作集3:芋虫>小説

2016年05月28日 執筆

江戸川乱歩傑作集 (3) 芋虫

作者:江戸川乱歩
出版社:リブレ出版

今年、江戸川乱歩の著作権が消滅します。
と、いうことで、無料または安価に
江戸川乱歩の本を楽しめるようになりそうです。

著作者の死後50年で著作権が消滅するようですが、
この、50年ってちょっと短いような気がするなぁ。
いや、読む側から考えればありがたいんだけど、
もうちょと保護してもいいんじゃなかろうか。

なんともエロさとキモさが混在とした
江戸川乱歩っぽい作品が4本で、
お腹いっぱいです。

タイトルにもなっている「芋虫」は
乱歩を代表する作品のひとつとして
挙げられることが多いものですが、
出版当時は検閲が入り、
伏せ字だらけになったそうです。
さらに、その後発売禁止にまでなった問題作。

とはいうものの、反戦的な内容が含まれているため、
当時の日本では弾圧されてしまったというだけで、
現在の私たちが読むと、発売禁止になるような
過激な内容というわけではないかもしれません。

執筆された当時、そういった時代背景だったということを
頭の片隅に置いて読むと、
また話に深みがますかもしれません。

でもまぁ、反戦云々が関係なくても、
過激っていえば、過激なんですけどね。

学生時代「ジョニーは戦場へ行った (角川文庫)」を
何度も繰り返し読みましたが、
その内容を思い出しました。

興味があれば、こちらの作品も併せて読んでみてください。

2016年1月4日読了

お問い合わせフォーム|キャッチコピー制作、記事制作、原稿制作などお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム|キャッチコピー制作、記事制作、原稿制作などお気軽にご相談ください。