コラム Column

悠々読書記

淡い光<どんぐり姉妹>小説

2016年05月29日 執筆

どんぐり姉妹 (新潮文庫)

作者:よしもとばなな
出版社:新潮文庫
幻冬舎

姉、どん
妹、ぐり
ふたり併せて「どんぐり姉妹」
ジョークのような名前の二人が登場するお話です。

ネーミングはジョークっぽいですが、
この話の背景には、
二人の両親が事故死してから
支えあいながら生きているという
重たいものが流れています。

単純に、姉妹が遭遇する出来事だけを
箇条書きで並べていくと、
暗く、重たい小説になってしまうでしょう。

それなのに、読んでいてもそんな重たい印象を
感じることはありません。
むしろ、常に淡い光が差しているような
あたたかな雰囲気を感じます。

身近な人の死や苦悩などが描かれているのに、
なぜこんなにあたたかな雰囲気になるのか不思議です。

決して無理やり明るくしているわけではなく、
淡々と描かれている「どんぐり姉妹」の日常が
とても好ましく感じられます。
 
「幸せになりたい」
そう思っていても、
「幸せだ」
と思える人はそう多くはないのではないでしょうか。

何かに不満を持ち、
不幸ではないけれど
幸せとも言えない。
そんな気持ちを持っているように思います。

どんぐり姉妹は、
ささやかな幸せを「幸せ」と堂々と言える
そんな姿が描かれています。

だから、太陽の日差しのようなまぶしさではなく、
ほんのり温かくなるような光を
ストーリーの中から感じられるのでしょう。

2016年1月10日読了

お問い合わせフォーム|キャッチコピー制作、記事制作、原稿制作などお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム|キャッチコピー制作、記事制作、原稿制作などお気軽にご相談ください。