コラム Column

悠々読書記

改題は正解だと思う<名前も呼べない>小説

2016年06月02日 執筆

名前も呼べない

作者:伊藤朱里
出版社:筑摩書房

太宰治賞受賞作なのだそうです。
受賞時は「変わらざる喜び」というタイトルだったのが
「名前も呼べない」と改題されているようです。

本を読み終わってみると、
改題後のタイトルの方が、
内容によりマッチしているように感じます。

それに、
「名前が呼べない」
ではなく
「名前も呼べない」
だからこそ、名前すら呼べないとは
一体どんな理由があるんだろう?
と思ってしまうような、意味深な雰囲気が漂っています。

本書は、タイトルにもなっている
名前も呼べない

お気に召すまま 
の2本で構成されています。

双方の作品とも、心にゆがみを抱える主人公が
静かに、でももがいて、立ち止まり、
そして、立ち上がるまでが描かれています。

大団円で終わる物語ではありませんが、
その先を感じて、その余韻が良かったですね。

人は誰しも何かしらのゆがみを持っていて、
それとどう向き合っていくのかなのでしょう。

2016年2月17日読了

お問い合わせフォーム|キャッチコピー制作、記事制作、原稿制作などお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム|キャッチコピー制作、記事制作、原稿制作などお気軽にご相談ください。